つかまりのいいパターの選び方

つかまりのいいパターといえばミドルバランスか、クランクネック

つかまりのいいパターの選び方

つかまりのいいパターといえばミドルバランスか、クランクネック

ボールのつかまりが悪いと、右にプッシュアウトし、つかまりすぎると左に引っかけてしまう。このような人は重心角の性質を利用すれば調整できます。

重心角を調整する役割を果たすのがパターのネック。

例えば、安定したストロークができるミスに強いネオマレット使っても右へのプッシュはしたくないと思うなら、ヘッドが返りやすいミドルバランスを選べばいい。

そしてクランクネックと組み合わせればオフセットしているためさらにつかまりがよくなると言うこと。

つかまりのいいパターの選び方 関連記事

Top へ