ブレードタイプパターとは

ブレードタイプパターの特徴は、距離感が合わせやすく目標方向も合わせやすい。

ブレードタイプパターの特徴は、重心が浅くスイートエリアが非常に狭い。芯で打つといい感触は得られるが、芯を外してしまうとうまくボール転がらない。スイートスポットは狭い分、芯で捉えれば距離感は合わせやすい。

ブレードタイプパターの効果は、ブレード(blade:刃物の刃)と言われるだけあってヘッドが非常に細いく、L字型パターに多く見られるので目標方向は合わせやすい。

ブレードタイプパターの打ち方は、ヒールバランスになるのでアークストロークアークストロークになる。

ブレードタイプパターとは 関連記事

ピンパターとは

ピンパタータイプの特徴は、ヘッドのトゥとヒール部分にウエイトが多く配分された形状になっています。そのため、スイートエリアが広いのでミスが少なくなるヘッドの形になっています。ネックもピン型特有のクランクネックでオフセットしているためボールのつかまりがいい。アメリカで有名なメーカー「PING(ピン)」が最初にこのデザインを採用したことでも有名。その後、似た形のパターをピンタイプと呼ぶことが多い...続く

マレットタイプパターとは

ドライバーのようにヘッドが丸く作られたパターのこと。日本ではカマボコパターとも呼ばれることもあります。ウッドのように重心が深いのでヘッドをスムーズに動かしやすい。中でも、ヘッドが大きいネオマレットタイプが人気。ヘッドが大きくなるほどフォローがスムーズに出しやすく、スイートエリアも広がってくるのでミスの確率も減るように作られている。マレットの打ち方は、テークバック中にほとんどフェースが開かな...続く

ネオマレットタイプパターとは

ネオマレット型の特徴は、なんといっても方向性の良さ。マレット型よりも重心が深く低いためヘッドがより直進しやすい。さらに平坦な低重心だからボールの転がりもいい。フェース面も長く作られているのでヘッドがぶれにくい。マレットタイプのヘッドを大きくしたタイプなのでスイートエリアも広くミスの確率も減るように作られている。ネオマレットの打ち方は、テークバック中にほとんどフェースが開かないので真っ直ぐ引...続く

パターヘッドの形の意味

パターのヘッドにはいろんな形があります。この形には意味があり基本的にヘッドサイズが大きいものが優しいパターとなります。そしてフェイス後方のフランジ部分の大きいパターほど重心位置が深くなり慣性モーメントが大きくインパクトで少し芯を外してもボールはしっかり転がりミスにならない。つまり、パッティングの際に芯を外しやすい人やまっすぐストロークできないブレる人はマレットパターやネオマレットパターがオスス...続く

長尺パターのメリット・デメリット

プロゴルファーでは人気の長尺パター。アマチュアで使っている人は見たことがないが長尺パターのメリットは、シャフトが長い分腰が悪い人でも打ちやすい、パターを構えた時、上体が起きているのでカップを上から見ることができる、肘や肩を使って大きな動きで打てるので安定感があるなどがある。デメリットは、なんと言っても 2016年からアンカーリングが禁止になることでしょう。この規制で長尺パターを使う人はいな...続く

Top へ