ゴルフパターニュース

ゴルフのパターに関する最新情報をお伝えします。

キム・シウーがパットを外し小平智がPGAツアーで初優勝

キム・シウーが最終日崩れて小平智プロがPGAツアーで日本人5人目の優勝を成し遂げました。
キム・シウーがパットを外し小平智がPGAツアーで初優勝のイメージ画像

小平智プロが、PGAツアーで日本人5人目の優勝を成し遂げましたね。

最終日上位に入っていたけど、まさか優勝するとは思わなかった。

トップのキム・シウーが最後の最後で崩れて、最終ホールでバーディーパットを沈めれば優勝できたのに・・・

入りかけたけど入れることができなかった。

プレイオフになったけど、どんどん落ちていったキム・シウーには勝利も女神は微笑まなかったね。

それにしても早かったね。

先週のマスターズで調子よかった小平智プロが、こんなに早くPGAツアーで優勝するとは思わなかった。

嫁さんの古閑美保さんも大喜びでしょう。

ちなみに、キム・シウープロは
2012年のPGAツアー最終予選会を史上最年少の17歳5カ月6日で通過したことで有名。

キム・シウーのパターはオデッセイのピンインタイプのようです。

タイガーウッズのパター

アーノルドパーマー インビテーショナルで使用のタイガーウッズのパター
タイガーウッズのパターのイメージ画像

アーノルドパーマー インビテーショナルでのタイガーウッズのパター。

タイガー出場で、今年のPGAツアーは盛り上がりそうですね。

そんなタイガーウッズの今現在の優勝回数は79勝。
もし、アーノルドパーマー インビテーショナルに優勝すれば
通算80勝になります。

今現在のPGAツアー通算優勝回数は
S.スニードが82勝で1位
T.ウッズが79勝で2位
J.ニクラウスが73勝で3位
B.ホーガンが64勝で4位
A.パーマーが62勝で5位

有名プレイヤーで
P.ミケルソンが43勝で9位となっている。

しばらく、タイガーがツアーから離れていたので
通算優勝回数の記録更新は、先送りか別のプレイヤーかと思っていました。

でも今年のタイガーは調子良いかもしれない。
このまま、タイガーウッズ復活するかもしれませんね。

タイガーウッズのパターは
スコッティキャメロン ニューポート2

松山英樹プロ 世界ゴルフ選手権2勝目

松山英樹プロ 米ツアー100試合目でツアー5勝。圧巻の強さで世界ゴルフ選手権2勝目をあげた。

いや〜強かったというか貫禄だね。

今までの日本人なら、初日トップになったりすることはあるけど、必ずと言っていいほど崩れて消えていく。

でも、松山英樹プロは違う。
追い上げて逆転するからね。

3日目で優勝圏内には入っていたけど、最終日の1イーグル7バーディ、ボギーなしの「61」は、素晴らしい。

誰も寄せ付けないって感じだったね。

スコア「61」は、2013年にタイガー・ウッズが記録した数字に並んだ。

さぁ今週末の全米プロゴルフ選手権楽しみだ。

ちなみに、松山英樹プロのパターがマレットになっていたね。
スコッティ・キャメロンパターではなく、テーラーメイドみたいだけど・・・

やっぱり今、イチオシのパターは、マレットタイプですかね。

テーラーメイドのスパイダー Tour RED パターが限定発売

2017マスターズ優勝パター テーラーメイドのスパイダー Tour RED パターが数量限定で発売

2017年マスターズに優勝した、セルヒオ・ガルシアが使用していた人気モデル、テーラーメイドのスパイダー Tour RED パターが数量限定で発売されています。

国内外問わずトーナメントを見ていると、このテーラーメイドのスパイダー Tour RED パターを使っているプロをよく見かけますね。

今やほとんどのプロゴルファーが、このネオマレットタイプのパターを使用しています。

ネオマレットパターは、ショートパットが苦手な人におすすめのパター。
ショートパットに悩んでいるなら、是非使って欲しいパターの一つです。

ゴルフボールをパターのヘッドが押してくれる感じが、苦手なショートパットをオートマチックに打ってくれますよ。


上田桃子パットに泣いたね

KKT杯バンテリンレディスで上田桃子優勝逃す

KKT杯バンテリンレディスで上田桃子プロが最後の最後で優勝を逃してしまいましたね。

最終18番ホールで、1メートルのパットを入れれば地元で優勝を飾ることができたのに、嘘のようにパットを外しました。

先に西山ゆかりはバーディーパットを沈めていたのでプレーオフとなり、果敢に攻めた上田桃子は池ポチャでボギー。西山ゆかりはパーを取って逆転優勝となった。

熊本震災で2年ぶりの開催となった大会。熊本出身の上田桃子が優勝すれば、熊本復興に元気づけることができたのに非常に残念でした。

何よりも上田桃子プロが、悔しくてしょうが無かったと思います。

それにしてもパットってホント大切だよね。どんなに短くても入らなければストローク数は多くなるからね。

神の子 セルヒオ・ガルシアがマスターズ優勝

2017年マスターズの優勝者は、セルヒオ・ガルシアでしたね。20勝以上も優勝しているのに、メジャータイトルは取れていなかった。メジャー挑戦74試合目のメジャーで初勝利。その思いが最後のパットを決めた時のガッツポーズに現れていましたね。日本期待の松山英樹プロは、1アンダーまでスコアを伸ばし来年 ...(続く)

松山世界ランキング4位

松山英樹プロが世界ランキング4位になりましたね。先週まで4位だったヘンリック・ステンソンとの差は僅差だったんだけど、両者ともに試合に出ていなかったので喪失ポイントの差分で順位が変動したようです。それでも世界ランク4位ですからね。素晴らしい。これで日本で最高位の中嶋常幸と並びましたね。 ...(続く)

ダスティン・ジョンソン パターを変えて優勝

ダスティン・ジョンソンがジェネシス オープンで優勝しましたね。なにやら、ジェイソン・デイと同じパターを使ってパッティングが良いようです。ジェイソン・デイがあまりにもパターが入るので使ってみたいと言ったらしい。やっぱりプロでももっと入るパターがあったら欲しくなるんですから、アマチュアも同じですよね ...(続く)

オデッセイ 注目の最新パターが発売

2017年オデッセイの最新モデルが発売され好評のようですね。今回のニューモデルの特徴は、マイクロヒンジ・インサートという最新インサートを採用していること。マイクロヒンジ・インサートとは、ウレタンとスチールの2つの素材を一つにしてつくったインサート。ヒンジとは、英語で「ちょうつがい」の意味 ...(続く)

長尺パターが使えなくなっても優勝 アダム・スコット

今年の新ルール、アンカーリング禁止で長尺パターが使えなくなっても見事ザ・ホンダクラシック2016年で優勝しましたね。3日目の15番パー3でティショットを池に落とし、ドロップして打った3打も再び池へ。このホールでなんと「7」を叩いて一気にスコアを落としたときはどうなることかと思った。 ...(続く)

玄関パターマットでリアルにパット練習 GV0137

通常、練習用パターマットと言えば、カップ手前が坂になっている。これはボールがカップインするためとボールをリターンさせるため高さが必要なので勾配をつけている。しかし、この勾配気になりませんか?力加減とか・・・そん中、フルフラットのパッティング練習用マットがでました。製品名は「玄関パターマット」。ネ ...(続く)

円柱型ヘッド「トゥルーロールパター」発売

2014年1月にアメリカのオーランドで開催された「PGAマーチャンダイズショー」で、高い評価を得た円柱型ヘッドのパター「トゥルーロールパター」がリアルマックスから発売されます。トゥルーロールパターの特徴は、なんと言ってもユニークな見た目。しかし、見た目に寄らず打感がソフトで転がりが良いらしい。ヘ ...(続く)

オデッセイ LUCKY777 パター数量限定モデル発売

オデッセイパターの人気形状#7から数量限定モデルが発売されます。このLucky 777 (ラッキー セブンス) は、ヘッドが#7の形状でネックにシングルベンド、クランクホーゼル、センターシャフトの3種類のネックを持つシリーズということからLucky 777と言われています。ヘッドは精密に削り出さ ...(続く)

異形パター「アキュロック・エースパター」発売

中日クラウンズで片山プロが使用したことでも話題になったアキュロック・エースパター。ちょっと形が変わっていて、構えも左腕の内側で固定し、右足ツマ先前にボールを置いて打つパターになる。ちょっと高いがパターに悩んでいる人には良いかもしれない。アキュロック・エースパターの詳細はこちら>> ...(続く)

石川遼が使用する世界にひとつだけのパター

石川遼プロが使用するパターはオデッセイのL字マレット型(#9)。2008年にプロになってから毎年1本作ってもらっているらしいですね。そんな愛用しているL字マレット型パターの特注品があるそうです。つまり、世界にただ1つだけのパターと言うことになりますね。それがなかなかの逸品らしく、薄く入った木目調 ...(続く)

Top へ