重心角とは

パターの重心角の調整でボールのつかまりを調整できる。

重心角とは

パターの重心角の調整でボールのつかまりを調整できる。

パターを水平にした時の、シャフトに垂直なラインとフェース面のラインとの間の角度のこと。

重心角の大きいものをフェースバランス。
重心角の小さいものをヒールバランス。
重心角の中間のものをミドルバランス。

といいヘッドの動きを左右します。

重心角が大きいと、真っ直ぐストロークしやすくなるが、ボールのつかまりが良くない。逆に、重心角が小さいとヘッドが開閉するためボールのつかまりが良くなる。

だからといってフェースバランスが良くて、ヒールバランスが悪いというわけではないので、先ずはいろんなタイプのパターを試打して感じ取ってください。


重心角とは 関連記事

パターの長さは何インチがいいの?

基本的なパターの長さは、33,34,35インチの3パターンが主流。パターの長さは身長や手の長さ、ストロークの仕方や構え方などを考慮して自分に最適な長さを選ぶ。ピンなどメーカーによっては、専門スタッフがフィッティングしてくれるので迷ったら見てもらうのもいい。全体的に見れば、34インチがベー...続く

パターのライ角は何度がいいの?

ボールを正しくヒットするには、自分に合ったライ角でアドレスができるかが大切。パターのライ角は打つときに、手の位置が低い人や高い人などによってもライ角は変わるし、ストロークの仕方によっても変わる。ちなみに、オデッセイパターの基本ライ角は70度に設定されているようだ。...続く

パターのロフト角は何度がいいの?

パターにロフトが無いと思っている人もいるが、芝の上にあるボールはやや沈んだ状態。そのボールに順回転を与えるにはやはりロフト角が必要。各メーカーやパターの種類によって、ロフト角はいろいろある。ちなみにオデッセイパターのロフト角は、コース事情やボール性能を考慮し基本は3度に設定しているそうだ。...続く

オフセットしていると何が良いの?

シャフトよりフェース面が後ろにあるオフセットしたパターは、ボールをつかまえやすくなっていて右へのプッシュアウトしにくい特性がある。逆にシャフトよりフェース面が前にあると、シャフトとフェース面が直線的になりラインが出しやすくなる。...続く

パターのライ角を直角にできないの?

パターって、重いヘッドを真下に垂らして振れば真っ直ぐ打てるのにって思いますよね。その通りで、振り子のように振ることができるので簡単にボールを真っ直ぐ打つことができます。だから、ルールで10度以上にしなければならないと決められています。つまり、あまりライ角がフラットなパターを使うと安定した...続く

Top へ