パターのアドレスでグリップの位置が低い

パターを構えたとき、グリップの手の位置が低い人はアークストロークになるのでトゥバランスのパターがおすすめ。

パターのアドレスでグリップの位置が低い

パターを構えたとき、グリップの手の位置が低い人はアークストロークになるのでトゥバランスのパターがおすすめ。

パターを構えたとき、グリップの位置が低い人はトゥバランスのパターを選ぶといい。

パターのアドレスで手の位置が低いと、ヘッドの軌道を真上から見たとき大きめの円軌道を描く。シャフトがヒールよりに付いていてトゥ側が重いため、テークバックで自然とフェースが開きインパクト後はフェースが閉じるアークストロークになる。

つまり、ピンタイプのパターやL字マレットタイプのパターを選ぶと、パターのストロークとマッチして自然にパターが打てる。

アイアンが得意で、アプローチのようにパターを打ちたい人にもトゥバランスのパター、ピンタイプのパターやL字マレットタイプのパターがおすすめです。

パターのアドレスでグリップの位置が低い 関連記事

パターのアドレスでグリップの位置が高い

パターを構えたとき、グリップの位置が高い人はフェイスバランスのパターがおすすめ。 パターのアドレスで手の位置が高いと、ヘッドの軌道を真上から見たときほぼ真っ直ぐな軌道を描く。重心が深いため、テークバック中ほとんどフェースを開かなく、インパクト後もフェースが閉じなく真っ直ぐでるストレートストロークに...続く

Top へ