ピンパターを使いたくなる

ピン型パターがあまりにも有名だが、それ以外のタイプもピンのテクノロジーと伝統が引き継がれている

ピンパターを使いたくなる

ピン型パターがあまりにも有名だが、それ以外のタイプもピンのテクノロジーと伝統が引き継がれている

ピンは、最初に発売したパター「1-A」の打音が「ピーン!」と聞こえたことが、社名の由来で知られています。

ピンの社名がそのままパターの形状を表す定番中の定番、ピン型パターは、今でこそ一般化したオーソドックスな形だが、当時はかつてないパター形状だった。

ピン型パターの特徴は、トゥとヒールに重量配分した、キャビティバック形状で重心位置を低くし、安定したストロークと芯を外した際のブレを抑えた画期的なパター。

マレット・ネオマレット型が人気の中、ブレードタイプのピン型パターも、PGAツアーでは依然高い人気。直角に構えやすく、緩やかな開閉で、真っ直ぐ打つこともできるおすすめのパターです。

かつてパターデザインを根本から覆したピンの、進化し続けているパターを使ってみたいと思いませんか。

ピンパターを使いたくなる 関連記事

ピンパターの特徴

PING独自のテクノロジーで開発されたTR溝中央の溝を深く、周辺部を浅く、打点によって溝の深さを調整する事でボール初速が安定する。同モデルでヘッド重量の違う「青TR」と「黒TR」の二種類が用意されていて、比較検討できる。黒TR重めの304ステンレススチールをインサートに採用。打感がし...続く

Top へ