ゴルフパターFAQ

ゴルフパターに関するよくある質問と回答をまとめました。

パターのライ角を直角にできないの?

パターのライ角は、ルールで角度をつけるように決められている。

パターって、重いヘッドを真下に垂らして振れば真っ直ぐ打てるのにって思いますよね。

その通りで、振り子のように振ることができるので簡単にボールを真っ直ぐ打つことができます。

だから、ルールで10度以上にしなければならないと決められています。

つまり、あまりライ角がフラットなパターを使うと安定したパットがしにくくなると言うことです。

パターグリップの握り方

パターグリップの握り方の一般的なスタイルは逆オーバーラッピング

パターグリップの握り方の基本は逆オーバーラッピングが一般的です。最近のトレンドで言えばマスターズで優勝したジョーダン・スピースのクロスハンドスタイルが多いようです。

クロスハンドグリップの利点として、パターは手先でコントロールするとなかなか安定しないので、クロスハンドにすることで肩のラインだけでなく両ヒジのラインを目標に向けて並行に構えることができ安定したストロークができること。

Top へ