ゴルフパターの選びのコツ

パターの形を知れば自分のエースパターが選べる

ネオマレットタイプパターとは

ネオマレット型の特徴は、方向性の良さとミスの確率が少ない。

ネオマレット型の特徴は、なんといっても方向性の良さ。マレット型よりも重心が深く低いためヘッドがより直進しやすい。さらに平坦な低重心だからボールの転がりもいい。フェース面も長く作られているのでヘッドがぶれにくい。

マレットタイプのヘッドを大きくしたタイプなのでスイートエリアも広くミスの確率も減るように作られています。

ネオマレットの打ち方は、テークバック中にほとんどフェースが開かないので真っ直ぐ引いて真っ直ぐ出すストレートストロークになる。

ピンパターとは

ピンパター型の特徴は、ヘッドのトゥとヒール部分にウエイトが多く配分されたパター

ピンパタータイプの特徴は、ヘッドのトゥとヒール部分にウエイトが多く配分された形状になっています。そのため、スイートエリアが広いのでミスが少なくなるヘッドの形になっています。

ネックもピン型特有のクランクネックでオフセットしているためボールのつかまりがいい。

アメリカで有名なメーカー「PING(ピン)」が最初にこのデザインを採用したことでも有名。その後、似た形のパターをピンタイプと呼ぶことが多いようです。

ピンパターの打ち方は、ミドルバランスで緩やかな弧を描くセミアークストロークになる。

ブレードタイプパターとは

ブレードタイプパターの特徴は、距離感が合わせやすく目標方向も合わせやすい。

ブレードタイプパターの特徴は、重心が浅くスイートエリアが非常に狭い。芯で打つといい感触は得られるが、芯を外してしまうとうまくボール転がらない。スイートスポットは狭い分、芯で捉えれば距離感は合わせやすい。

ブレードタイプパターの効果は、ブレード(blade:刃物の刃)と言われるだけあってヘッドが非常に細いく、L字型パターに多く見られるので目標方向は合わせやすい。

ブレードタイプパターの打ち方は、ヒールバランスになるのでアークストロークアークストロークになる。

スーパーストローク スリム 3.0 ミッドナイト

スーパーストローク パターグリップで左の引っかけをなくす

体に固定して打てる長尺パターはパターに悩んでいる人の救世主になっていた。しかし、2016年からのアンカーリング禁止で長尺パターからの変更を余儀なくされている。そんな中人気が出ているのが太めのパターグリップ スーパーストローク。

スーパーストローク パターグリップ スリム3.0は太めのグリップにすることによって余計なグリッププレッシャーから開放され安定したストロークを実現します。特に、ショートパットで左に引っかけやすい人は太めのグリップにすると深く持てるので引っかけにくくなります。

パットに悩んでいる人は今まではパターを替えていた。これからはパターグリップを替えるという方法もひとつの方法かもしれません。

Top へ